生存報告

まだ死んでいません。

結局、クラウドテックで平日の稼働案件が決まった

暇なフリーランスとはただの無職だ。

そう、これが2月に入ってからの僕だ。

 

案件獲得のためにランサーズやクラウドワークスに登録していた。

でも、時給換算すると舐めてるものばかり。

正直に言うと、そんな案件やるんだったら、派遣で働いていた方がました。

直前まで派遣で働いていたんだけど、僕の時給は1750円です。

まぁ、派遣って交通費が出ないから手取りは、結構減るんだけど、そこと比べてもゴミ案件や地雷案件ばかり。

 

ランサーズやクラウドワークスは、世間を知らない人がやるもんだと思った。

 

そこで、クラウドテックやレバテックに登録した。

業務委託に特化した常駐案件を紹介してくれる。

 

クラウドテックやレバテックは基本的にエンジニアの案件が多い。

僕は残念ながらエンジニアではなく、WEBディレクターやWEB編集ができる人なので、案件数的にはとても少ない。

 

それでも、WEBディレクターやWEB編集でこれらのエージェントを利用している人は少ないのだろう。

僕に数少ないすべての案件を紹介してもらったと思う。

 

クラウドテックには、編集やライターの案件があり、メディアに関わっていきたいと思ったので、主にこれらの案件に応募した。

 

レバテックは、編集やライターの案件がなく、WEBディレクターの案件ばかりで、希望とは違うが数件応募した。

 

結果からいうと、クラウドテックの案件で決まった。僕が希望した案件で一番やりたい仕事に就くことができそう。

 

クラウドテックはサービスを開始したばかりだからか、案件数は少なく、どれも東京や大阪のものばかりで、そこに通える人以外は利用できないと思われる。

WEBディレクターやWEB編集は基本的に週5日の常駐案件ばかりだ。

リモートが可能な案件でも、最初は通ってくれとう条件のものしかない。

結局、フルリモートが希望の場合は、ゴミや地雷ばかりのランサーズやクラウドワークスを利用するしかないんだろうな。

あと、ランサーズやクラウドワークスで仕事しても、どの媒体で記事が使われているのかが分からないものが多い。

それって、実績になるの?

と思うんだ。

いや、ランサーズやクラウドワークスで実績は積めても、それを履歴書や職務経歴書に書けるのか?ということ。

それは、本当の実績じゃないと思う。

どの媒体で、どんな記事を、どれぐらい作ったのかが大事です。

それを面接で言えなければ、それは実績じゃない。

僕は、週5日で稼働し、どの媒体で何をやるのかが分かっている。

この先、経歴として書けるものを選んだ。

地方でライターとかやっている人がいて、新しい働き方だとか言っているけど、

そんな仕事に何の価値があるのだろう?

結局、キュレーションとかに使われるだけ使われて捨てられるだけだと思う。

そして、そこに費やした時間は、経歴にも書けない黒歴史となるだろう。

 

僕は、今回の案件獲得は成功だったと思う。

なぜなら、派遣よりも給料が上がるし、なによりも媒体に関わりたいという希望も叶えた。

毎日、ランサーズやクラウドワークスをチェックする日々と離れることができた。

素直に嬉しい。

まぁ、クラウドテックってクラウドワークスなんだけどね。

クラウドテックの事業に振り切って、多くのフリーランスに実績を多く積むようなサービスにすればいいと思う。

 

 

レバテッククリエイターで案件をいっぱい紹介してもらった

今日は朝から渋谷へ。

 

案件獲得に躍起になっている活動として、レバテッククリエイターで案件を紹介してもらった。

 

レバテッククリエイターは単純な転職サイトではなく、エージェントだ。

 

キャリアカウンセリングを受けに行かなくてはいけない。

 

場所は渋谷ヒカリエ

 

ヒカリエができた時には、縁のない場所だし好んで行かないとか思っていたのだけども、まさかこんな形で行くことになろうとは思わなかった。

 

商業施設とオフィスが混在しているビルって、どこから行っていいか分からないんだよね。

どこまでが商業エリアなのか、どこからがオフィスエリアなのか。

そして、商業エリアがオシャレであればあるほど、早くこの場所から立ち去りたいと思うんだよね。

 

まぁ、時間よりも早めに到着してしまったから、ヒカリエの外側を回って、喫煙スペースを探していたら、オフィスエリアの入り口を見つけてしまったので、迷わなくて済んだ。

1つ間違いがあったとしたら、喫煙スペースはヒカリエの中にもあって、無理やり外周で探さなくてもよかったところ。

 

キャリアカウンセリング自体は、派遣だろうがエージェントだろうが、よくある流れで進むので問題ない。

自分の希望条件を話し、これまでのキャリアも話す。

そして、案件を紹介してもらうというごく普通の流れだ。

 

僕は副業がしたいので、業務委託を希望していた。

 

で、WEBディレクターとWEB編集案件を13件紹介してもらった。

これから、企業情報を見ながら応募しようかどうかを検討しよう。

選択肢が増えて、普通にうれしい。

あと、キャリアカウンセリングを受けたら、水とフリクションボールのボールペンをもらった。

うれしい。

 

さて、今後、俺はどうなっていくのか。

まずは、応募だな。応募。

どうなるか分からないけど、レバテッククリエイターとギークスジョブにも登録しておいた

週明けからお腹の調子が悪い。

昨日は、痔が暴れて大変だった。

今日は、朝から腹痛で調子がおかしかった。

だから、朝から病院に行ったわけだが、僕の主治医はいなかった。

代わりの医者に診てもらうため、血を抜かれ、レントゲンまで撮られたのだが、安静にしていろで結論。

仕方がないので、今日は仕事を休むことにした。

なぜなら、30分に1回トイレに駆け込む状況だからだ。

これでは、仕事にならないし、仕事ができないと思った。

 

さて、フリーランスとして活動するので、案件確保に躍起になっている。

 

土曜日にクラウドテックのキャリアカウンセリングを受けた。

 

僕の仕事内容の希望としては、自社コンテンツのWEBディレクター、WEB編集、ライティングとなっている。

編集・ライティング案件を4つほど紹介を受け、WEBディレクション案件を2つ紹介された。

計6案件。

編集・ライティングの案件2件の応募を希望した。

残りの2件は、ヘルスケア系の媒体で、昨年、welqが大炎上したのを見ていたため、責任が持てないと断った。

ディレクションの案件は、制作会社だったため、一旦、保留にさせてもらった。

クラウドテックはまだ動きはない。

土曜日に提案を受けて、月曜日では動きはないのは当たり前だ。

でも、気持ちが焦ってしまう。

 

体調が体調だけに寝込んでいればいいのだけども、寝ようとした瞬間に焦りがニョッキリ顔を出してくるんだ。

だから、登録は簡単なのでレバテッククリエイターとギークスジョブにも登録しておいた。

まだ、面談の日程も決まっていないので、どうなるのか分からない。

でも、自分が何かをしたので、少しは心が落ち着いた。

 

これで心置きなく寝込めるね。

 

いや、寝込めないね。

足が冷えて仕方がない。寝るの無理。

とか思っていたら、ギークスジョブから早速、お断りの連絡がやってきた。

開発案件と、それに付随するデザインの案件しか紹介できないんだと。

サイトを見ると、ポジションの選択項目にディレクターがあるのにね。

僕の個人情報は完全に削除してもらおう。

客同士のトラブルで電車が遅れて、隣に立っていたオッサンに切れかけて2次トラブルになりかけた

僕は東急田園都市線ユーザーだ。

この田園都市線は、マジで激混みで朝は本当に苦しい思いをする。

 

ちなみに、僕が乗り込むのは用賀であり、渋谷から5個目の駅だ。

 

僕は、比較的に空いている車両に乗り込むことにしている。後ろから3両目。4両目に近いドアから乗り込むのだ。

 

理由は簡単だ。

 

他のドアから乗り込むよりも比較的にスペースに余裕があることが多い。

 

優先席が取り払われていて、椅子のスペースが解放されていて、人と人との密着度が少ないのだ。

 

それがどうだろう。

今日は、電車に乗り込んだはいいが、ノロノロ運転していた。

どうせ、運転間隔の調整だろうと車内アナウンスなんてロクに聞いていなかった。

 

だがしかし、ノロノロ進んでは止まる。結構、止まる。

 

何事か。

信号機のトラブルか? それとも人身事故か??

そう思った。

信号機のトラブルは、点検作業の怠慢だ。ちゃんと調べておけやって思う。

人身事故の場合は、死にたい気持ちは分からないでもないけども、何も死ぬことはないじゃないか。誰も悲しんでくれないのであれば、僕が悲しんであげるよって思う。

人身事故には寛大だ。

 

それが、どうだ?

今日のノロノロ運転は客同士のトラブルだという。

 

ニュースサイトによると、「乗りまーす」とか言ってバシバシタックルしながら乗り込んだアレな感じの奴が、溝の口で「降りまーす」とか言ってバシバシタックルしていたらしい。

それに、ぶち切れたやつとアレな感じの奴のトラブルだったとのことだ。

ぶち切れるのはいいけどさ、改札から出た瞬間に蹴り入れて恫喝するとか方法はあると思う。

少なくとも、『なんだ? あのクズ。街で会ったらやってやる』ぐらいで気持ちを収められないものか。

 

電車が遅れるということは、それだけ人が乗り込むことであって、僕の乗った電車は激混みだ。まさにギュウギュウとなった。

みんなイライラしている。僕もイライラしている。

そして、僕の隣に立っているオッサンが異常にイライラしている。

電車が揺れる。

そうしたら、みんな一斉に体重を預けてくる。預けざるを得なくなる。僕は体重を預けられてしまった。隣のオッサンによたれかかってしまった。すると、オッサンが肘をグイっと押してきた。

僕は自然に「んだ?お前殺すぞ」とつぶやいていた。

オッサンはイヤホンをしていたから気づいていない。

その後も右に左に肘を押していた。

何様なのだろうか? 自分が特別な人間だと思っているのだろうか??

自分さえ快適であれば、他の人間に不快な思いさせてしまってもいいと考えるクズなのだろう。

僕は、そのオッサンを取り囲む4,5人と示し合わせてボコってやればよかったと後悔している。

オッサンが渋谷で降りるとき、「死ね、クズ」と明確に言ってやったからね。

オッサンがイヤホンしていなかったら、2次トラブルが発生していたところだ。

 

ただ、オッサンが悪いのだろうか?

いや、溝の口で揉めたやつらが一番悪い。

くだらないことで揉めないでほしい。心からそう思う。

とてもくだらない理由で遅刻をしかけた。本当にバカバカしい。

あと、あのオッサン、絶対に許さない。

 

結局、僕の場合はランサーズとかクラウドワークスとかは使えない

フリーランスになることにしたとか言いながら、営業活動はランサーズとかクラウドワークスにしていたけど、無理だ。使えない。

 

使えないというのは、僕のキャリアがWEBディレクターだったり、WEB編集だったりするからだ。

ライティングもできるけど、クソみたいな案件しかない。

片手間の副業ならいいのかもしれないけれども、本業にするにはあまりにも単価が低すぎる。

では、WEBディレクターならどうかというと、そもそも案件がない。

ランサーズやらクラウドワークスやらに、そういうのはこっちでやるから、お前はその辺で野垂れ死にしときなって言われているようだ。

 

編集の案件もそう。校正の案件とかあって、提案しているんだけど選考中のステータスから一向に変化がない。

きっと、分かったから、その辺で野垂れ死にしておけよといっているに違いない。

 

方向転換で、普通の求人に応募しようかとも思うんだけど、どうせ年齢で落とされまくるに違いない。

 

では、詰んだのか?

 

いや、まだ方法はある。

 

今は、フリーランスの求人案件がある。

それを専門に取り扱っている求人サイトがあるのだ。

これに賭けることにした。

 

とりあえず、クラウドテックに登録してみた。

登録してから気づいたんだけど、これクラウドワークスのサービスじゃねーか。

 

まぁ、クラウドワークスに載っていない案件を紹介してくれるようだし、面談に行こうと思う。

ここがダメなら、候補のサイトは2,3あるので、そっちに移行する。

 

ていうか、俺、社員の求人から派遣の求人からフリーランスの求人まで、利用しまくっているんじゃねーか。

すげぇな。

どんな仕事にキャリアチェンジしようとしてもネガティブな情報をGoogleさんが教えてくれる

ランサーズとかクラウドワークスで現在、営業活動している。

基本的にはプロジェクト形式というものを利用していて、クライアントが提示した仕事に対して、こちらから「何ができますよ」「お役に立てますよ」と提案するのだ。

 

これに関して、レスポンスが遅く、思考がネガティブな方向に傾いてしまっている。

 

世の中から必要とされていないんだろうなとか思ってしまうわけだ。

 

僕は複数の転職サイトに登録している。

そこで、もう使わないだろうと思っていた「はたらいく」にログインしてみた。

 

そこで、目に留まったのは施設警備員。

 

入社祝い金で70000万円もらえるし、面接の交通費が3000円出るし、ワイシャツやらネクタイやら革靴やら鞄までもらえるらしい。

 

心が揺れる。

 

僕は40歳だ。

もう、他業種に大きくキャリアチェンジをすることは難しいだろう。

これまでやってきたことを、今後も続けていけるのかというと、フリーランスになることでそれが判断される。

僕は思う。

フリーランスが難しいのではないかと。

これは、プロジェクト形式のレスポンスがないからそう思うんだ。

 

で、施設警備員の仕事について調べてみると、まぁネガティブな情報が蔓延している。

やれ、1日立ちっぱなしで疲れるだの、連泊する可能性があるだの。。。

 

なんか、今やっている仕事も大して変わらないんだよなぁ。

ガッツリ、仕事をすれば9:00~22:00まで作業がかかるなんて当たり前だ。

フリーランスでも休みなしで働くことは覚悟している。

 

言っておくが、座りっぱなしも辛いんだぞ!

さて、ただフリーランスになるのも考えものなので、期限を設けることにする。

5月までに、食えなかったら、フリーランスはやめる。

そして、施設警備に応募する。

そうする。そうしよう。

フリーランスになることになった

もっと早く決断すべきだったのかもしれない。

 僕は腸に病気がある。

治る・治らないでいえば、治らない方の病気だ。

その病気のせいだろう、自律神経が乱れていて、普通に働くことが厳しい。

一度、病気が理由で職を離れたことがある。

そして、リハビリとして派遣で働いていた。

 

でも、正直、しんどい。

通勤もしんどい。1つの所で働き続けるのもしんどい。

あと、派遣って交通費が出ないんですよね。

手取り以外に15000円が問答無用で吹っ飛んでいく。

医療費もバカにならない。

そして、食事の問題。

僕は油っこいものや辛いものが食べられない。

たまに、油っこいものは食べます。もう飽きるからね。

 

でも、俺の腸が暴れ出すし、自律神経の乱れから変な汗が出る。

 

だから、フリーランスとして働くことにした。

コネもツテもなーんもない。

ただ、タイミング的に今になってしまった。

 

ただ、フリーランスになるとメリットがある。

・通勤しなくてもいい

・食費が浮く

・交通費がかからない

・トイレにこもっても迷惑がかからない

 

しかし、デメリットもある。

・仕事が安定しない

・休みがとれない

・人とコミュニケーションが取れない

・1日中部屋にこもりっきりになる

 

こうしてみると、デメリットが意外とでかいですね。不安だ。

本格的に稼働するのは2月から。

それまでに、ランサーズとかクラウドワークスとかで営業しないといけない。

ただねぇ、ランサーズとかクラウドワークスってWEBディレクターの案件がないんですよ。

あ、僕はWEBディレクターなんですけどね。

 

だから、編集とかリライト案件になってしまう。

これ、単価が安くてですね。結構、キツイです。

もっと、人脈を広げないとなぁ。

できるかなぁ。3か月やってダメなら、また派遣だな。

はぁ。。。